ありゃ!?

ちびちび進めているF-16。コクピットを塗るついでに同色のパイロンも塗ってしまえと思ったら...ない。
増槽用のパイロンがとられてました。
そっか、元々部品取り用のものだったのね。
いただきものなので、致し方無いですね。
とはいえ、作る気満々なので、どうにかしたいところです。
部品請求はランナーごと、該当するランナーは900円だけど、送料が同じくらい掛かっちゃう。
それなら同じF-16のキットを買った方が良さそうです。時間のあるときに探してみることにしましょう。
ということで、F-16はちょっと中断します。...必ず戻ります。

スポンサーサイト

のびしろですねぇ


てづかさんのオルフェンズ祭り用に製作中。
第一話の模擬戦、
「このタイミングでかわすかよ!?三日月・オーガス!」
の場面です。
オプションセットのモビルワーカーを2つ使って、盛大な肉抜きをエポパテで埋めたのち、ポーズ変更。

左が昭弘機、右が三日月機。
どちらも映像から拾える動きを考えながら、車や戦車の挙動っぽくというよりは、阿頼耶識ならではの人間っぽい動きになるようにポーズを付けてみました。
さらにベースにも動きの軌跡を入れたいのですが、タイヤ跡だけでなく、できれば土煙のようなものも表現したいと思います。
でも方法はこれから考えます。

ガチコン審査終了、納得の結果です。



完成写真をとっている暇も無かったので、てづかさんのブログから拝借しました<(_ _)>
ハセガワ 1/72 EA-18G グラウラーです。
なぜこの機体を選んだかというと、ただただパケ絵がかっこよかったからです。
もともと兵器としての飛行機は、生々しくて興味が無かったのです。
普段ミリタリー系に手を出さないのも似たような理由です。フィクションなら抵抗はないのですけどね。
当然、知識はほとんど持ち合わせていなかったものですから、直感で選びましたよ。
結果として電子戦用の機体だったので、あまり爆装せずに済みました。

本格的に作るとなると初めてのスケールモデル、初めての戦闘機ということでかなり身構えて臨みました。

仮組み。
パーツの少なさに拍子抜け。
ガンプラを作っているときはほとんど必要ないすりあわせを繰り返さなくてはならず辟易。

それでもどうしても合わないインテーク横のこの隙間。

プラ板とバテでなんとか埋めました。
さらにこの機体はスーパーホーネットの派生機なので、キットもスパホのものが元になっているのですが、穴をあけたり、穴を埋めたり、モールドを埋めたり、モールドを掘ったりという指示が説明書の中に当然のように出てきました。
「自分で作ってるなあ」と、しみじみ感じましたね。

途中で、「ああ、もっとこうしておけば...」と思うことがたくさんありすぎたので、中古キットをゲットしてやり直しました。
でも結局キャノピーのマスキングに失敗して、接着後にもかかわらず内部にミストが吹き込むというアクシデント発生。
再び元のキットに戻って仕上げました。
パケ絵のスコーピオンズではなく、バイキングスにしたのは機首の横にある狼のデカールを使いたかったからです。


わかりにくいですがタッチアップ塗装にもチャレンジしてみました。パネルラインに濃いめの色で吹いたあと、マスキングゾルでところどころを残しながらスモークを吹きました。
本体はうまくいったのですが、尾翼や武装にはあまりできなかったため、統一感がなくなってしまったかもしれません。

キャノピーをセメントで汚してしまったり、脚格納庫のハッチの縁の赤を塗り忘れていたり、ハッチ裏の白も塗り忘れていたりと、初心者丸出しでしたが、なんとか点数をいただけて一安心です。
もう少し丁寧に仕上げられるようにこれから修行します。
意外と戦闘機も楽しく作れました。

ガチコン作品の次は...

長く辛い戦いが終わりました。
ガチコンの作品が出来上がりました。
初めての戦闘機モデルは手ごわかったですよ。
普段はガンプラをメインに作っているので、スケールモデルをまともに作ったことが無かった(去年のムスタングは数に入れちゃいけない気がします)のでなおさらです。
なんとなく、AT限定免許しかないのにMTでレースに出ちゃった感じです。
出だしはエンストの嵐。
初めに作ろうとしていたものを諦め、箱絵だけで決めたキットになりました。
おまけにいろいろあった結果、ニコイチです。

色々伝えたい事もありますが、まだ審査が終わってないので詳しくはまたの機会ということで。

で、ガチコンから解放された現在、


そう、またエアモデル。
ハセガワの1/72F-16E UAE空軍機です。


これは以前に参加させていただいたクラブひこうせんさんの展示会でいただいた物です。
ガチコンの作品が出来た後、バルバトス第6形態や流星号も進めてはいます。
でも、今回のガチコンでわかりかけたこの感覚を忘れないうちに、もう一機作りたいと思ったワケです。
期限を決めずにゆっくり行きますが、完成しない病が再発しないように、ある程度のペースでは進めたいですね。
いろんなジャンルを経験して引き出しを増やしたい今日この頃です。



プロフィール

GOTY1976

Author:GOTY1976
出戻りモデラーGOTYです。
ホビーショップてづかさん主催のTPC(てづかプラモクラブ)のメンバーです。
仕事と家事、子育ての合間を縫って、深夜に小一時間ほどの模型制作時間をもてるようにしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR