スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有言実行!?

制作中のRGストライクは対鑑刀のホルダーを自作したり、ランチャーの給弾ベルトを延長したりと地味な作業が続いております。(写真取り忘れた)

そしてそろそろ年末に向けて、てづかさんのコトブキヤコンペに取りかかります。
いつもギリギリまでネタが決まらずもたつくので、今からネタを公言しておきます。
手持ちのコトブキヤものでは、タチコマ、スレイプニール、D-スタイルのスコープドッグがありました。
今回のコンペに向けて飛鉄塊 斑鳩〈黒〉とライガーゼロイエーガーを購入。
で、これにしました。



初ゾイド、それも大物!
逃げないためにここで発表。
でも楽しそうです。

それと、修行としてこちらも。

ガチコンから興味を持ち始めたエアモデル。
F-16も手を着けているのですが、実は先に作りたかったのはこちらなのです。
グラウラーの時に資料にしていたhow to本で、初心者向けに写真付きで丁寧に説明されていたのがこのラプター。
先にこちらでレベルを上げてからF-16に戻ります。
スポンサーサイト

ガチコン審査終了、納得の結果です。



完成写真をとっている暇も無かったので、てづかさんのブログから拝借しました<(_ _)>
ハセガワ 1/72 EA-18G グラウラーです。
なぜこの機体を選んだかというと、ただただパケ絵がかっこよかったからです。
もともと兵器としての飛行機は、生々しくて興味が無かったのです。
普段ミリタリー系に手を出さないのも似たような理由です。フィクションなら抵抗はないのですけどね。
当然、知識はほとんど持ち合わせていなかったものですから、直感で選びましたよ。
結果として電子戦用の機体だったので、あまり爆装せずに済みました。

本格的に作るとなると初めてのスケールモデル、初めての戦闘機ということでかなり身構えて臨みました。

仮組み。
パーツの少なさに拍子抜け。
ガンプラを作っているときはほとんど必要ないすりあわせを繰り返さなくてはならず辟易。

それでもどうしても合わないインテーク横のこの隙間。

プラ板とバテでなんとか埋めました。
さらにこの機体はスーパーホーネットの派生機なので、キットもスパホのものが元になっているのですが、穴をあけたり、穴を埋めたり、モールドを埋めたり、モールドを掘ったりという指示が説明書の中に当然のように出てきました。
「自分で作ってるなあ」と、しみじみ感じましたね。

途中で、「ああ、もっとこうしておけば...」と思うことがたくさんありすぎたので、中古キットをゲットしてやり直しました。
でも結局キャノピーのマスキングに失敗して、接着後にもかかわらず内部にミストが吹き込むというアクシデント発生。
再び元のキットに戻って仕上げました。
パケ絵のスコーピオンズではなく、バイキングスにしたのは機首の横にある狼のデカールを使いたかったからです。


わかりにくいですがタッチアップ塗装にもチャレンジしてみました。パネルラインに濃いめの色で吹いたあと、マスキングゾルでところどころを残しながらスモークを吹きました。
本体はうまくいったのですが、尾翼や武装にはあまりできなかったため、統一感がなくなってしまったかもしれません。

キャノピーをセメントで汚してしまったり、脚格納庫のハッチの縁の赤を塗り忘れていたり、ハッチ裏の白も塗り忘れていたりと、初心者丸出しでしたが、なんとか点数をいただけて一安心です。
もう少し丁寧に仕上げられるようにこれから修行します。
意外と戦闘機も楽しく作れました。

泥コン、どうしましょ

締切が迫る泥コン、メタスラ本体はほぼ完成。
これにベースをつけようと四苦八苦中。


百均の多分園芸用の木の箱を使って、スタイロフォームの上に粘土を詰めていこうと思います。

武器や弾薬はHMEのバザーでガーランドを買ったらおまけにもらったミリタリーフィギュアのセットから。

そしてフィギュア本体は一応プレイヤーキャラとしてよく使うフィオをイメージしつつ、こちらから

...女マッドマックスみたいなこのセット。初めて買って作るフィギュアがこれなんて口が裂けても言えない。
ポーズ変更や形状変更など、かなり無茶してます。
フィギュアの塗装も初めてなのに大丈夫かな?

帽子や髪の毛はこれからです。
本当はメガネも欲しいんですが。
締切ギリギリまで粘ってみますが、あきらめてメタスラだけになるかも...

スタートしてます。

途中をアップできないので、写真は載せませんが、ガチコンに向けてスタートしてます。
普段ガンプラを作ることが多かったのでエアモデルはかなり新鮮で楽しいですね。
現在は仮組の途中です。

また、こんなものもお手つきしてます。

コトブキヤのスレイプニールです。
いやあ、これはパーツの合わせが結構シビアで、仮組の後に分解するのが怖くなりますね。
フレームが露出する部分や多層構造の部分があって、塗装のしがいがありそうです。

週末にはニコイチ祭りのお題が発表されるので、そこで中断となると思いますが、できれば早めに仕上げたいですね。
プロフィール

GOTY1976

Author:GOTY1976
出戻りモデラーGOTYです。
ホビーショップてづかさん主催のTPC(てづかプラモクラブ)のメンバーです。
仕事と家事、子育ての合間を縫って、深夜に小一時間ほどの模型制作時間をもてるようにしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。