これは楽しみ♪

日曜日には、TPCとRC222さんとの合同イベントが予定されているので、昨日の夜はその打ち合わせ(半分くらい雑談でしたが)をしてきました。Gotyです。

展示会では、ついに完成したこれを、

展示する予定です。

これにガンマさんの作成したヤムチャのマイティマウス号と亀仙人のワゴン車が加わり、7つそろえた特典のロマンティック飛行機も並べられたらいいのですが、鋭意製作中です。

ついでにてづかさんに取り置きしてもらっていたこれを。

アオシマの新製品、アスラーダG.S.X.。

これまでアオシマのサイバーフォーミュラシリーズはいくつか作ってきているのですが、ちょっとこれまでとは違います!

箱もかなりの厚みがあり、ランナーの数は冗談抜きでいつもの倍くらい。

アオシマさんが「アスラーダが実在するなら...」と考えて製品化したそうで、気合いの入り方が違います。これまでの物はキャラクターキットとして作られていたので、カーモデルは得意でない僕でもなんとか完成させることができましたが、今回はエンジンなどの完成後に見えない部分も作り込んでいくスタイル。長く楽しめそうです。

デカールを見ると、

当初正ドライバーだった日吉さんのものや、優勝記念ステッカーなど、いろんなパターンで組むことができそうです。

これは複数買いしなくては!次の入荷でもう一つ行きますかね。

G.S.X.が出たということは、初期の他のマシンにもキット化の可能性が広がったとみていいのでしょうか?スペリオンとかミッショネルとかシュピーゲル、イシュザークも!...期待しましょう。

スポンサーサイト

2017の振り返り

今日は昼は雨、路面の圧雪が緩んでしまって、いつ車がスタックするかとヒヤヒヤでした。

ところが夕方からは大吹雪。家に帰ってからの雪かきがすぐにリセットされてしまいました。どうやら爆弾低気圧のせいらしいです。

明日は東京に飛ぶ予定なのですが、飛行機大丈夫かな?Gotyです。

さて、2017年もあと一週間を切りました。このあたりで今年のプラモデル制作を振り返ってみようと思います。

まずはこちら、

HGIBOグレイズリッター(マクギリス機)です。

正確には去年の暮れから作り始めていたものです。

キットはカルタ機だったのですが、当時放送中のアニメではすでに搭乗者が入れ替わりマクギリスのものに。さらにそちらはプレバンでの販売とのことで、自分で作ってしまおうと思ったのです。プレバンバスターの第一弾です。

本当はマクギリス機はソード二本持ちなのですが、そこは妥協しました。

続けてさくっとできたのがこちら。

HGIBOヘルムヴィーゲ・リンカーです。

マッキーリッターの隣が寂しかったので作ったものです。

自分としては早めの3,4日でできたという、勢いでできちゃったものです。

さらに、

オルガ専用紫電です。

結局オルガは乗りませんでしたが。

キット化されなかったので作ったという、プレバンバスター第二弾です。

続いてこちら、

HGIBOレギンレイズ(イオク機)です。

こちらもプレバンバスター第三弾。

ジュリエッタ機にオプションセットの武装を合わせてカラーリングをイオク機の物としました。

そして、

RE1/100ディジェです。

実に五年振りくらいの1/100キット。

MGでなくRE1/100というのがちょうど良かったかもしれません。

さらに、

PLAMAX魔神英雄伝ワタル 戦神丸です。

ガンプラに慣れていると、たまに他のメーカーのキットを作るときにちょっと戸惑います。

このキットも、関節の構成やクリアランスのシビアさなど、ちょっと気を付けないといけないところがありました。

でも、カッコいいから満足!

そして、

バンダイ メカコレクション ドラゴンボールより、

ブルマのカプセルNo.9バイク

ここから今年の新兵器、

シタデルカラーでフィギュアを塗ることでこんな小さなサイズの物が作れるようになりました。

今はまだベースセットしかありませんが、ゆくゆくそろえていこうと思っています。

そのあとは、

MGガンダム(オリジン版)です。

兄への誕生日プレゼントとなりました。

最後に

コトブキヤ 飛鉄塊 斑鳩(黒)

これはホビーショップてづかさんのゲームコンペ用の作品です

ゲームに登場するものということで昨年のコトブキヤコンペに出そうかと思っていたけど、やめたキットをもう一度引っ張り出しました。

これは作っていて楽しかったです。

ここまでかな...、と思うのですが、実はもう少しでメカコレドラゴンボールがいくつかできそうです。

今年はここまで、9個です!

多分これまでの最高記録。

来年は二桁行けるかな?

あとは仕事との兼ね合いもありますが、大会などに出せる作品を作りたいと思います。

今年もたくさんの方にお世話になりました。

TPCの仲間もそうですが、ブログをご覧になってる皆さんがいるので、自分の向上心を維持できているのだと思います。ありがとうございます。

まだ更新するかもしれないですが、取りあえずここまでとします。

今後について考える

どうも、最近内臓脂肪が気になりだしたGotyです。

このところ、いろんな物を同時進行していたり、モチベーションが上がって衝動買いしたりしてしまっているので、一度整理します。

とりあえずプレバンバスター進行中なのは上の写真のもの。

ジュリエッタ機からイオク機に変えるレギンレイズ。

ジャスレイ陣営所属のユーゴー。

3月のオプションセットを待ってになりますが、ランドマン・ロディ。

これらが片づいたら白いフラウロスとか、雷電号かな?

で、プレバンバスター以外では、REディジェと旧キットZZが進行中ですが、こちらは気が向いたときに作っています。

さらにスキルアップの為の修行として、旧キットガルバルディβとシルエットフォーミュラから、クラスターガンダムを選んで、きっちり作ることを目指します。

考えてみると、小学生の頃からプラモデルづくりをしていたけれど、無塗装の期間が長かったので、接着剤必須のキットについてはしっかり作ったことがないのです。もっと言うと、筆塗りも自信がありません。

それらを今一度見直しつつ、スキルアップしてから、オークションなどに出せる作品づくりをしていこうと思います。

2016年の振り返り

遅ればせながら、2016年の振り返りをしま~す。

まずはこちら、


EA-18G グラウラー

これはホビーショップてづかさんのガチコンのために制作したものです。

ガチでエアモデルを作るのは初めてだったので、自分のできることとそうでないことを認識できたことと、引き出しを増やすことができたという点でとてもよい経験になりました。

次は、

"HG IBO グレイズ改弐 流星号"

初めはこのピンク色をどうにか表現しようと思って、シルバーにプレミアムレッドのキャンディとしたのですが、ガイアの新色「クリアーホワイト」を上掛けするとなかなかよい色になったものです。

後にモデグラの付録のデカールを貼ってちょっとかっこよくなりました。

その後は

 ゛HGUC バンシィ ノルン゛

これは知り合いの小学生から限定品のチタニウムフィニッシュをプレゼントされたものです。

とはいえ、小学生にとっては高価な物だと思うので、どうせなら作って返そうと作り始めたのです。

でも、コーティングにムラがあったり、ゲート跡が目立つところが見られたりと、結局コーティングを剥がすことに。

せっかくのチタニウムフィニッシュを剥がしたのだから、相応の仕上げを、と考えてたどり着いたのがラップ塗装からのオーバーコートでした。HJ付録のバンシィヘッドディスプレイベースもつけました。

そして、

"RG ストライクガンダム゛

てづかさんのRGコンプ祭り用のものですが、スカイグラスパーと併せて、いわゆる「パーフェクトストライク」(本当は「マルチプルアサルトストライカーパック」と言うらしいです)を再現してみました。

苦労したのはなんといってもその背負い物の量。あらゆるところが干渉するので延ばしたり削ったりが多くなり、可動にも支障が出てしまいました。このプランが正式採用とならなかった理由がわかります。

...え!?グラスパー本体ですか?...あはははは!

更に

展示会用に作った

゛BIGり! ジバニャン゛

です。

途中までは娘が作り、仕上げと塗装を私がやりました。

この大きさはなかなか面白いですね。作業部屋が赤いミストだらけになりましたが。

最後はこちら、

昨年最後の作品、゛HMM ライガーゼロ イエーガー゛です。

てづかさんのコトブキヤコンペに出品したものです。

大きく、部品点数も多く、大変作り応えがありました。

普段ガンプラに慣れている身としては、このパーツのシャープさは驚きに値します。

一方で、パーツが細かいことによってダボも増え、その裏にヒケが生じる部分が多く、処理が大変でした。

その分、できあがった後の達成感は大きく、またこのシリーズを作りたくなりました。

...ということで、2016年の完成品は6つということになりました。

ちょっと少ないかな?でも時間的制約を考えると妥当かと思っています。

さらにおまけ、

2017年の一つ目!

゛HGIBO グレイズリッター゛です。

パチ組で長らく放置していた物をマクギリス機として完成させました。

さて、これから仕事の方は忙しくなるのですが、なんとか合間を見て作業を進めていきたいところです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

石田ショーキチさんのライブ!

今回はプラ関係なしです。
昨日、札幌のムジカホールカフェにて行われた、石田ショーキチさんのライブに行ってきました。

「石田ショーキチ?」と言う人は、「spirallife」というユニットが存在したことをご存知でしょうか。
元BAKUの車谷浩司と石田ショーキチ(当時は小吉だったかな)の二人で1995年前後に活動していました。

でも三年ほどの活動のあと解散し、それぞれ、車谷はAIR、石田はScudelia electroとしての活動を始めました。
...と、僕が石田ショーキチサウンドに出会ったのはこのあたりなので、Scudelia electroとしての楽曲とその解散後のソロ活動、L⇔Rの黒沢健一と結成したmotorworks辺りまでフォローしていたことになります。

学生時代はメタルやハードロックを中心に聴いていましたが、Scudelia electroだけは聴き続けていました。
ライブの素晴らしさを知ったのは最近のことなので、すでに解散してしまった彼らの楽曲を生で聴けないことを残念に思っていました。
ところが今回札幌でライブがあることを知って、これは行かねば!!となった次第です。
ほぼお一人で回っているツアーのようなので、規模も小さく、今回のムジカホールカフェはキャパ40~50人位でしたか。
少し早めに到着したら、なんと列の二番目!カフェの店内なのでステージがあるわけでもなく、こんな近く!

足を延ばすとショーキチさんの足とぶつかってしまうのではないかと思うほどの距離です。

待ち時間の間に他のお客さんとも仲良くなり、ワクワクしながら待っていると、やってきましたショーキチさんです!
12弦のギターや電子ピアノでの弾き語りで僕の大好きな曲が次々と...
コスモゼロ
clover
miss
ノーチラス・ブギ
霧の200マイル
cheeky
...
夢のような時間でした。
ピアノでのムチャ振りリクエストでは、本来ギター曲の「my pray」をオーダーしてしまい、ショーキチさんを困らせてしまいました(反省)だって大好きな曲だったもので...
ショーキチさんは
「あとでギターでやろうか。」
と言いつつ、ピアノで試し弾き
「...イントロは難しいけど、やってみても面白いかもね。よし、やってみよう!」
ありがとうございますぅ~~~!!
申し訳ない気持ちと、嬉しい気持ちとが混ざっていましたが、この上ない思い出となりました。
行って良かった!
噂では、これからは北海道や九州などの遠くにはなかなか行けなくなるかもしれない、と言う話もあるようですが、なんとか北海道にはこれからも来続けて頂けないかと直訴して参りました。

この贅沢な距離感を味わってしまうと、大きな箱のライブでは物足りなくなりそうです。
ショーキチさん、最高です!
プロフィール

GOTY1976

Author:GOTY1976
出戻りモデラーGOTYです。
ホビーショップてづかさん主催のTPC(てづかプラモクラブ)のメンバーです。
仕事と家事、子育ての合間を縫って、深夜に小一時間ほどの模型制作時間をもてるようにしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR